言ったのは、二、三回くらいです。

多芸は無芸という言葉が、わりと嫌いかもしれません。

自分そのものみたいな言葉だからです。

もっとも、昔、お前はそうなりかねないタイプだと
ビジネスの先生に注意されたので、
やめるのが可能なこと全部をやめました。

パイロットはどっちみち無理。
プログラマーになりたかったのをまずやめました。
C言語くらいまでは未練があった。

なにも年中、そんなことを他人に
言って歩いているわけではないのですが、

そんな必要もないのでめったにやりませんが、
アーティストですと名乗ったことがあります。

美大芸大の人が聞いたら噴飯ものなのでしょうが、

「描け」と言われた瞬間に、
描くことをスタートできる身体を作っておく。

「描け」と言われた瞬間に、「えーと…」と返したら、
その瞬間に「お前はいい、他の人間に頼む」と
言われてしまうからです。

描くに限らず、絵に関する全てをやる。
「絵に関する全て」には、あらゆることが含まれます。

そういう身体を維持するライフスタイルの実際は、
シビアでつまらないものです。

そろそろ、
自分を許していいんじゃないかと思ったのです。