日本女性は得してる?

食べ物を食べたとき、どんな感じがするか。

それを表現する言葉が、
日本語は、他の国の言語より多いのだそうです。

つい最近、見かけた雑誌の記事ですが、
それを言うならば。

私が書くのもなんですが。

日本は「その方面」に関する単語や表現が、
とても多い言語だそうです。

二十年位前、古事記の研究者が、おふざけではない、
ごくまじめな論文かなにかで書いてました。

まあね。
ストレート(原文)の古事記や日本書紀は、ああだものね。

私は読んでて、こっぱずかしかった。
なんでこの本をあっちの棚に置かないんだと思ってしまった。

日本語は食欲について、そっちの欲についても、
他の言語より単語が豊富。

というよりは、日本語全体が、
「一つのことをさまざまに数多く表現する」のが
得意な言語なんじゃないかと。

女はボキャブラリーだ。という言葉があるそうで、

女性はボキャブラリーの数だ。
と、言いたいらしい。

日本語が他よりボキャブラリー多めの言語だとしたら、
日本女性は得してるってことでしょうか?