さまよえるオランダ人

また、ワーグナーをやってます。

私はワーグナーさっぱり判らないので、
世界中のファンの人たちには申し訳なくも、
またかよと思ってしまいます。

またかよと思うくらい、ラジオで年中やってるのです。

身近にもワーグナー好きの先生がいたりします。
年がら年中、ワーグナーらしい。
そんなにいいですかとは怖くて言えませんが。

それが…ドビュッシーだか誰だか判りませんが、
音楽史のあの人もこの人も、
ワーグナーのマニアらしいのです。

どうやら
「好きな人がめちゃくちゃに多い作曲家」
らしいのです。

こういう時って、ここでガタガタ言ってないで、
ライブでコンサートでガツンと本物を聴くのがなによりです。

「あー、だから皆好きなんだねー」が、
一番てっとり早く判る方法です。

が、そんなことはやっていられない。
やる予定もない。

私の大好きな航空機マンガでも言ってました。

「このままでは俺たちは、
 さまよえるオランダ人になってしまう」

ワーグナーをちゃんとやると、
このギャグも判るようになるのでしょうか…。