支援物資

やっぱり一般人での力だと限界があるのだなぁと感じるニュースが。

美容外科の高須クリニックの院長が、ヘリコプターでの支援物資の準備を進められているそうです。

道が寸断されている地域も多いと聞きます。

そんな中での空輸での支援はとても心強いんじゃないでしょうか。

ただでさえ、物資が足りないという報道はあるものの、ヤマトや佐川急便の熊本県での集荷はストップという状態で、個人的に何かできる支援が現在限られてしまっているんですよね。

果たしてヘリコプターでどこまで支援ができるのか、法律的には大丈夫なのか、私にはまったくわからないけれど、正直著名人やお金を持っている人ができる事でもあると思うので、こういう事が大きく報道されるのは素敵なことだと思いました。

一番大きく被害があったのは震度7の益城町かもしれませんが、その周辺の大分県を始めとして震度6で揺れた地域もたくさんありますもんね。

報道はあまりされないですが被害もあるでしょう。

少しでも早く物資が皆さんのところに届きますように。