忘れがたい試合

高校野球、やってたんですねー。

まだ風が寒いけど、こんな中で野球ですかと思うけど、
やっぱり春なんですねー。

私は野球は好きではありませんと思ってたのですが、
ほんとは野球が好きでも嫌いでもないが正味のようです。

テレビでやってれば、観るときも、観ないときもある。
退屈だと思えばチャンネルを変える。他の番組と同じです。

こんな私にも、忘れられない高校野球の試合ってのが
一つだけありまして。たぶんですが決勝戦。

一人のピッチャーが、最終回の最後の一球まで投げて、
その一球を打たれたばかりに、勝てる試合に負けてしまった。
うわーっとは思いましたが、よくがんばったものです。すごいっ!

ピッチャーがかなりお疲れだったので、
最後の一球を誰が投げるか、ピッチャー交代するかどうかで、
すったもんだ、したようです。

最後の一球、俺が投げるーっ、投げたいーって、
グラウンドでピョンピョンはねて、アピールしてる野手がいました。
普段はピッチャーやってる子です。

彼は今、メジャーリーガーです。
彼です、彼。