父親の気持ち

前回実家で夕飯を作ったことが父親にとって何より嬉しかったらしく、未だにその話題がちょくちょく出るらしいと母が教えてくれました。

同じことを繰り返し言うようになったのか~歳を重ねたな、父よ、という娘の気持ちです(笑)

そんなに喜んでくれるなら、実家にいた時にもっとお手伝いしておけば良かったな~と思いました。

後悔しても遅いから、今になってだけれど手料理を食べて貰えたのは良かったのかな。

実家にいた時は本当に何もしなくて、洗濯は入れておけばキレイになって戻ってくるもの、帰ってくればご飯はあるものっていう家で過ごしてきたものですから、今思えば贅沢暮らしだったのだなって。

母親はすごいよ本当に。

結婚してようやく家事をやってるから全然人並み以下だけれど、それでも娘の料理を食べるって父親にとっては嬉しいものみたいです。

私の励みにもなるから、そうやって言葉にしてくれるのは嬉しいものですね(^O^)

またそのうち帰ったときは作ってみようと思うけれど、だいたいみんなで外食に行くから難しいしお寿司食べられた方が私は幸せ(笑)